最新の投稿
多様な薬と葉

ヘルペスとは、ヘルペスウィルスに感染することで発症する小水疱の集まりや、皮膚(粘膜)のびらん(ただれ)といった皮膚疾患のことで、口唇ヘルペスや性器ヘルペスのほか、単純疱疹や帯状疱疹や水痘などの種類があります。この小水疱やびらんは、ほとんどのケースにおいてかゆみや痛みを伴い、放置すると食道から体内に侵入し腎機能障害や血液成分の減少、肝機能障害などの重篤な症状に発展する可能性があります。

また、水疱が破れたところからはウィルスを含んだ体液が染み出ることがあり、他への感染率が上がることになります。ヘルペスウィルスには、主に顔面や口唇に症状が出る1型(HSV-1)と、下半身や性器などに症状が出る2型(HSV-2)の2種類があり、症状が出る部位や形状によって単純疱疹・帯状疱疹・口唇ヘルペス・性器ヘルペスなどに分かれます。このウィルスは、昔は世界人口のほとんどが幼児期に頬づりや肌の接触などにより感染してウィルスを持っていましたが、現在では核家族化や衛生管理の向上により、20代や30代で抗体を持っている割合は当該人口層の半数程度といわれています。

初感染の場合は、発熱なども伴い重症化する場合もありますが、中には症状が現れないという人も含まれています。ウィルスに感染していても、すぐには発症せずに感覚神経節の神経細胞の中に潜伏していて、疲れやストレスなどによる免疫力の低下などをきっかけに活性化して発症(再発)し、しかも一旦症状が消えてもウィルスは死滅しないので、また年に数回の再発を繰り返すことになります。また、風邪を引くときには、必ず発症するといった発症パターンがある人もいるようです。発症する部位は、上半身では主に顔面の口唇、腕の関節内側の皮膚が薄い部分などに発現し、下半身では下着の締め付けで皮膚が擦れることで痛みやかゆみが発生することがあり、赤く腫れて水膨れのようになることもあります。

特に、デリケートゾーンは常に下着やズボンなどで覆われていて、蒸し暑い夏だけではなく冬でも暖かい部屋にいたりすると、高温多湿の状態になりやすく細菌・ウィルス・カビ菌の餌になり皮脂や汚れが溜まりやすいエリアになっているのです。また、デリケートゾーンの皮膚は、体の他の部位の皮膚と違って非常に薄く、細菌やウィルスが侵入しやすくなっています。そのため、ヘルペスに感染する確率が高くなります。部位としては、主に性器で他にも太ももやでん部、腰回りなどにまで広がりをみせることがあります。